2017年12月13日

国際標準の英会話学習法 (英語で)桜を見に行きましょう


【国際標準の英会話学習法】Lank-3-4

動詞goに込められた英語の設計図を解読する
■goの基本粋な意味は「進み行く」

今回は、go to+原形動詞フレーズ /go and 動詞フレーズについて述べます
以下の文例とその日本語訳を見て下さい。
「桜を見に行く」という日本語訳と、「行って」そして「桜を見る」という英語が、
見事に逆転してることに気づくはずだ。
  Let's go to see the cherry trees.
  桜を見に行きましょう

  Let's go to see the movies.
  映画を見に行きましょう

  How do you go to work?
  あなたはどうやって通勤されますか?

日本語訳がどうのこうではなく、英語は英語としてそのまま暗記してしまうことが大切だということだ。つまり赤文字で表記したフレーズをそのまま暗記し、それを
表現の枠組み]で運用する能力を持つべきだと私は思う。

  Let's go and see it!
  それを見に行きましょう!

  Why don't we go and look for it there?
  そこでそれを探しに行きませんか?

ちなみに、教育文法ではこれを「to不定詞の副詞的用法であり、「~するために」と訳すなり、と教えている。しかしこれは英文をどのようにして日本語に翻訳するかということでしかない。
よく見ていただきたい、「進行」表すgoに、「到達」を表す前置詞toが原形動詞フレーズを導いているのに過ぎない。
さらに前置詞toを使わないで、andが
原形動詞フレーズを導いているのが次の表現だ。
 Let's go and see the baseball game!
 野球の試合を見に行きましょう!

  Let's go and see the cherry trees.
  桜を見に行きましょう

さらに言うならば、
go to workとかgo to school、go to hospital、go to churchなどの表現、熟語だ、慣用句だと説明されている。

しかし「仕事しに行く」「授業受けるために行く」「入院するために行く」「祈りをしに行く」ととらえるとそんな難しい表現なのか?
私には理解できない。

【go の動詞フレーズのパターン】
[1] V感覚 基本形 go+(副詞/副詞句)
  Go at once!
  すぐに行け!
[2] V+C感覚 基本形 go+形容詞 (補語)
  He went red.
  彼は怒った
[3] V+C感覚 応用形] *動詞フレーズを使った補語
  go+〜ing形動詞フレーズ/〜ed形動詞フレーズ
  We will go cycling.
  サイクリングに行きます
  Our company may go bankrupt.
  私たちの会社は倒産するにかもしれない
     go to+原形動詞フレーズ /go and 動詞フレーズ
      Let's go to see the cherry trees.
      桜を見に行きましょう

      Let's go and see the cherry trees.
      桜を見に行きましょう


【一般動詞フレーズ5段活用
go to see the cherry trees      「桜を見に行く
=============================
(1) go(es)to see the cherry trees   現在形動詞フレーズ 
 ※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) wentto see the cherry trees   過去形動詞フレーズ
 ※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) goto see the cherry trees     原形動詞フレーズ
 ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) going to see the cherry trees   ing形動詞フレーズ
 ※進行形や動名詞で使われる。
(5) goneto see the cherry trees    ed形動詞フレーズ
 ※完了形で使われる。 
=============================

【これが国際標準の英会話学習法だ!】
[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
 (1)[基本4時制の展開](現在形) 現在の事実
 (1) 私たちは、(今、ふだん)桜を見に行きます
   → We usually go to see the cherry trees.
 (2)[基本4時制の展開](過去形) ※過去の事実 
 (1) 私たちは、(その時)桜を見に行きました
   → We went to see the cherry trees.
 (3)[基本4時制の展開](未来形) ※未来の事実
 (1) 私たちは、(これから)桜を見に行くつもりです
   → We will go to see the cherry trees.
 (2) 私たちは、桜を見に行ったものです
   → We would often go to see the cherry trees.
 (3) 私たちは、桜を見に行きたいです
   → We want to go to see the cherry trees.
 (4) (私たち)、桜を見に行きませんか?
   → Why don't we go to see the cherry trees.  
 (4)[基本4時制の展開](現在進行形) ※現在の継続状態
 (1) 私たちは、(今)桜を見に行こうとしています  進行形
   → We are going to see the cherry trees.
 (2) 桜を見にいくのは止めなさい  動名詞
   → Stop going to see the cherry trees.
 (5)[基本4時制の展開](現在完了形) ※現在の付帯状況 
 (1) 私たちは、かつて桜を見に行ったことがあります  
   → We have ever gone to see the cherry trees.
 (2) 私たちは、まだ桜を見に行っていません 
   → We haven't gone to see the cherry trees yet.
 (3) 私たちは、桜を見に行くつもりでした  
   → We would have gone to see the cherry trees.

これらの文例や詳しい説明は、今回の表現の「勘どころ」に続く。

私が指摘し続けていることは、学習時間に応じて英語の語彙が言葉として蓄積する学習をすべきだというとだ。
これが国際標準の英会話学習法なのだ。

ファンクションメソッドでは、一般動詞のタイプを5つにわけている。
 (1) 動詞
 (2) 動詞+補語
 (3) 動詞+目的語+補語
 (4) 動詞+目的語
 (5) 動詞+目的語+目的語

今回の表現の「勘どころ」

[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]は、単にとりあげた文例を丸暗記するべきだと言うことではない。この枠組みを使って以下にあげたフレーズを展開表現をしてほしい。

以下はすべて動詞go+ing形動詞フレーズとgo+ed形動詞フレーズを使った VC感覚のフレーズです。
申し訳ありませんが、英語表現は割愛しています。
(1)  ケーキを少し買うために行く
(2)
私は何度も人に電話するために行った
(3) I went to meet him at the airport.
      私は空港で彼を出迎えた
(4)
母親は赤ん坊を寝かせに行った
(5)
これは彼の無罪を証明する一助となる
(6)
その町は廃墟(きょ)に帰するだろう
(7)
私はその映画を見に行くつもりです
(8)
私は王様に会いに行くつもりです
(9)
再び総理大臣に会いに行く
(10)
家族とそれらを見に行く
(11)
彼は息子の試験の悪い成績のことで、スミス先生に会いに行った
(12)
彼らは桜を見に行きました
(13)
東京に着くとすぐ、彼は恩師に会いに行った
(14)
どんなことがあっても、あなたはこの映画を見に行ってはいけない
(15)
仕事に行く
(16)
バイク通勤をする
(17)
自動車通勤をする
(18)
町に働きに行く
(19)
歩いて通勤する
(20)
一緒に仕事を始めましょう!
(21)
あなたはどうやって通勤されますか?
(22)
私はこれから働きに行きます、これから仕事を始めます
(23) g
それを掘りに行く

(24)
誰かを見つけに行く
(25)
ネコを見つけに行く
(26)
それを取りに行く、買いに行く
(27)
卵を買いに行く
(28)
まんじゅうを手に入れるために行きましょう!
(29)
彼女は自分で塩を取りに行くべきです
(30)
それらを聞きに行く
(31)
そこでそれを探しに行きましょう!
(32)
駅にルイスさんを迎えに行きましょう!
(33)
病人を見舞いに行く
(34)
ビルに会いに行く
(36)
それを見に行きましょう!
(37)
野球の試合を見に行きましょう!
(38)
映画を見に行く
(39)
警察官に相談に行く
(40)
あなたは学校の看護婦さんに診てもらいに行くべきです
(41)
トムが何をやらかしているか見に行って、彼にここに来るように言って下さい
(42)
私のテーブルの上に切手帳がのっているかどうか見てきてください
(43)
ドアを閉めに行く
(44)
あそこに立ちに行く
(45)
頑張ってこいよ!
(46)
私は明日、彼に会いに行こう
(47)
私たちがどうしてもやらなければならないのは、行って彼を助けることです
(48)
私たちはクラブハウスへ行って、そこでしばらく座っていた
(49)
戸口のところに誰がいるか、行って見ておいで
(50)
食事の前に、私は着替えてさっぱりしてきたい


私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているFire foxのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
 ○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 ○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 ○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 ○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 ○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 ○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 ○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版

オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.
http://jet2020.blog.so-net.ne.jp

【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
●ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧

受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円

ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入
しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売

DL Marketで購入(登録) 税込 9.612円
●国際水準の英会話学習法定期購読マガジン(HTML・PDF版)で閲覧
DL Marketにて購入(登録)
税込 月額1,296円


ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

スポンサードリンク







[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク
posted by cominica at 16:05 | 国際水準の英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5クール どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか 24/90


第5章 「英語の九九テーブル」はさらに展開するでは今までトレーニングに登場した補語や動詞フレーズがさらに表現展開をすることなる。
しかし重要なことは、今まで登場したフレーズの「表現の枠組み」を身につけていれば、なんてことはない、これが私の言う「英語脳」だ
今回は、次の表現展開について述べる。

 02 like +ing形動詞フレーズ 
 「ドリルNo.54 買い物をするのが好きだよ

これは確かに、これはlike+ing形動詞フレーズであり、例えばlike taking a hot spring bath(温泉に入るのが好きだ)といった意味だ。これを動名詞だと説明している。しかしこれは、お馴染みの教育文法の「動名詞は動詞のing形」なり、といった動詞の単独の変化だけに力点をおいた説明でしかない。
大切なことは、例えば
Take a hot spring bath.(温泉入りなさいよ)があり、それがtaking a hot spring bathに展開すると発想が欠けている。
しかも、この表現は同じ「継続的な状態」を表す進行形と同じ発想だ。
 We are
taking a hot spring bath. 温泉に入っているのよ ※進行形

 We like taking a hot spring bath. 温泉に入るのが好きよ ※動名詞

しかし、以下のように、likeがto+ing形動詞フレーズを導く場合がある。
 We would like to take a hot spring bath.温泉に入りたい
私はこのような、would like to〜を「~をしたい」という意味なり、と教える。
私は説明を見ると、「ふざけんなよ」、「なめとんのか」(大阪弁)と思わず叫びたくなる。likeという動詞は元々、to+原形動詞フレーズとing形動詞フレーズを目的語にとる動詞だ。
何度も指摘しているように、前置詞toは「到達」を表し、「これから」といった「未来性」のイメージを持ち、一方ing形動詞フレーズは「同時性、継続性」の意味をもつ。
 I would like to sing the national anthem.
 I like singing the national anthem.
前者は、「国家を歌いたい」、「国家を歌うのが好きだ」ということだ。

 We are singing the national anthem. 
 I feel like taking a hot spring bath tonight.
 今夜は温泉に入りたい気分だ
 I feel like singing the national anthem this morning.
 今朝は国家を歌いたい気分だ

ちなみに最後の表現は、likeが前置詞となっている表現だ。

以下は、当オンライン講座の副教材である話すためのたったこれだけ英文法からの引用だ、受講生の方はぜひチェックしてほしい。P.190~P.194

●目的語に原形動詞フレーズもing形動詞フレーズもとる動詞がある

to+原形動詞フレーズもing形動詞フレーズも両方とも目的語にとるが、それぞれの意味が異なる動詞があります。これはto+原形動詞フレーズによって「未来性」の意味を持つか、ing形動詞フレーズによって「同時性、継続性」の差に過ぎません。
remember、try、forget、regret, want/need
(1) I remember to take the medicine
私は(これから)薬を飲むことを覚えている
(2) I remember taking the medicine
私は薬を飲んだのを覚えている

最後なったが「もうひとつドリルというものが具体的にわからい、受講するのをためらっている」というメールをいただいた。以下は本書の冒頭部にある記事の一部だ、

○○英語の九九 運用
table-3

NHKの朝ドラになった「アンと花子」の主人公村岡 花子氏は、大東亜戦争の前に、東京のあるミッションスクールで苦学して英語を学んだ。
そのドラマに当時の英語の授業が再現されていた。
詳しくは覚えていないが以下のようなものだった。
生徒達に教師が「過去形で、未来形で、進行形で、現在完了形で」などと指示していた。
生徒達は、あらかじめ配られた以下のような英文を元にして声をあげていた。
 I get up early.
 I take off my clothes
 I put on his pajamas.
など10個の英文を変化させていたのだ。
ちなみに教材のドリルも10個の英文を変化させるものだ。
また私がこの本「九九で覚える英会話」をベレ出版から発売していただいたのは、このドラマが放映されたずっと以前のことだ。
日本の英語教育に欠けているのは、補語フレーズや動詞フレーズとファンクションフレーズの順列、組み合わせという英語の発想だ。

【今日の学習】

ドリルNo,46 「週末には夕食に出かけるよ」ドリル音声

第4章 一般動詞フレーズを表現展開する

英語の基本時制はたった4つしかない。左から、現在表現、過去表現、未来表現、現在完了表現だ。

4時制
[九九]のように覚える英会話」の第5章に進むことになる。
第5章 「英語の九九テーブル」はさらに展開する
 01 be going to+原形動詞フレーズ 
 「ドリルNo.52
庭の手入れをするつもりよ

 「ドリルNo.53 プロゴルファーになるつもりだったよ
 02 like +ing形動詞フレーズ 
 「ドリルNo.54 買い物をするのが好きだよ

 03 want +原形動詞フレーズ
 「ドリルNo.55 買い物に行きたいよ
 04 have +原形動詞フレーズ
 「ドリルNo.56 ここにいなきゃならないの?

 「ドリルNo.57 家事をしなきゃならないよ
※以上「九九のように覚える英会話」でのトレーニングは終わり、「オウム返し学習へと進む。


イメージしてください!!」と書かれてある。重要なことは、日本語訳は単に参考であって、そのまま単語をイメージしてください。ということだ。これが、私の言う英語を「そのまま理解する」ということだ。
トレーニングは簡単な主体(主語)を使っての,肯定,否定,疑問,否定疑問,疑問詞付きの疑問表現へと進むことになる。

様々な主語の表現を身につけることが、「英語の九九」の始まりだ。以下のトレーニングでは、肯定、否定、疑問、疑問詞がそれぞれ10ずつこなすことになる。 つまり40となり、それがドリルNo.1、ドリルNo.2、ドリルNo.3、ドリルNo.4で、40?3=120の音声でのトレーニングとなっている。

私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているFire foxのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
 ○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 ○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 ○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 ○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 ○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 ○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 ○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版
オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.
http://jet2020.blog.so-net.ne.jp


【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
●ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧

受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円

ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入
しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売

DL Marketで購入(登録) 税込 9.612円
●国際水準の英会話学習法定期購読マガジン(HTML・PDF版)で閲覧
DL Marketにて購入(登録)
税込 月額1,296円


今,ほんとうに「話せる英会話メソッド」が必要とされている時代はない
ネット世界で活躍する個人・企業を求めています。
興味のある方は、当研究会に「資料請求」のメールを zvb00356@nifty.com


スポンサードリンク










ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]
当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート

スポンサードリンク

2017年12月12日のつぶやき













































































































































































スポンサードリンク
posted by cominica at 09:01 | オウム返し英会話学習法とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする