2009年02月17日

【学習の進め方】

 
【学習の進め方】
 
各【オウム返し】の[1]は、オウム返しのためのワンワード(One word)、ワンフレーズ(One phrase)での表現です。次の[2]は、Yes=No Questionとなっていて、これはYesとNoの2つのShort Answerでの答え方をとりあげています。そしてさらにShort Answerに続いて、それぞれの肯定形と否定形の文(Sentence)が続いています。最後の[3]は。Information Questionと言って、文字通り「情報」を問う疑問文となっています。

【オウム返し No.21】
 「ご機嫌いかがですか?」「元気よ」

[1] Q: Fine?
  A: Yes. Fine.
   ↑ ワンワード、ワンフレーズでのオウム返し

[2] Q: Are you fine?       
   ↑ 疑問表現
 A1: Yes, I am. I'm fine.    
  ↑ Short Answerと肯定表現
 A2: No, I'm not. I'm not fine. 
  ↑ Short Answerと否定表現 

[3] Q: How are you?           
  ↑ 疑問詞を使った表現
 A1: I'm fine, thank you. And you? 
  ↑ 肯定表現
 A2: I'm not fine. And you? 
  ↑ 否定表現



各 STEPには【情報ボックス】にできる限りのフレーズをあげておきました。それを使ってさまざまな表現を展開していただきたいと思います。とにかく各フレーズを口に出してまずイメージしてください。英語学習でとても大切なことは、一つの文を丸暗記しないことと、日本語訳をセットして覚えないことです。ワンワード、ワンフレーズから文を生産していくことが何より大切です。

【各テーブルの使い方】
右のブックマーク欄に、Table No.1からTable No.7まで7つのテーブルを用意しました。ファンクションメソッドでは、このテーブルにあげられたThis is, These areなどのフレーズをファンクションフレーズと名づけています。

これらのフレーズはワンフレーズ表現をきちんとした表現に高める働きをするもので、それこそI =「私」、You =「あなた」といった無機的な覚え方をしないで、Iは自分のこと、Youは話し相手のことと具体的にイメージをして丸暗記する必要があります。

Table No.2を例にすると以下のような配列となっています。

○ テーブルの(1)から(4)は対話者同士の関係を表しています。
 「私」「私たち」と「あなた」「あなた方」
  [GROUP C]  Are you 〜?
  [GROUP A]  Yes, I am. I am 〜.
  [GROUP B]  No, I am not. I am not 〜.

○ テーブルの(5)から(8)は 対話者間で話題となる第三者を表しています。
 「彼」「彼女」「彼ら」との関係
  [GROUP C]  Is he 〜?
  [GROUP A]  Yes, he is. He is 〜.
  [GROUP B]  No, he is not. He is not 〜.

つまり、[GROUP C]は疑問形を、[GROUP A]は肯定のShort Answerと肯定表現を、そして[GROUP B]は否定のShort Answerと否定表現のファンクションフレーズを表していることに注目してください。

table-1




スポンサードリンク
posted by cominica at 13:49 | Comment(0) | 【学習の進め方】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする