2009年03月09日

どうして英語が自由に話せないのか?

 
ファンクションメソッド英語研究会の各種教材の購入やオンライン講座受講を考えている方に!
今回は、当研究会配信のメルマガ、ブログ共通記事です。

どうして英語が自由に話せないのか?
長年英会話学習をしてもことばを覚えきれない、場面に応じて自由に会話ができない、これは多くの人の悩みだと思います。
どうしてか?、その原因は教育文法やそれを元にした市販の英会話の文法書にあります。NHKの英会話もののテキストもまったく同じです。
言うまでもなく、この文法理論は英文を日本文に置き換えるためのもの、つまり日本だけで使われている(あるいは韓国で?)読解用のもので、「話すための文法理論」ではないからです。
この理論に共通するのは、まず主語を訳し、次に補語や目的語を訳し、動詞部を訳す発想です。これを「後戻り訳」と言います。したがって動詞部を単なる動詞の変化ととらえることになります。
「助動詞+動詞の原形」「進行形はbe動詞+現在分詞」「現在完了形はhave[has]+過去分詞」、こんな説明を聞いたことがあると思います。さらに「不定詞はto+動詞の原形」「動名詞は動詞のing形」といったものも。

●単に動詞の変化ととらえる教育文法
(1) She is home. 
(ふだん、今)いる、家に
(2) She was home. 
いた、家に
(3) She will be home. 
いるつもり、家に
  She wants to be home. 
欲する、いる、家に 不定詞
 * She likes being home. 
好む、いる、家に 動名詞
(4) She has been home. 
ずっといる、家に

is, was, will be, has been,being
「いる」「いた」「いるつもり」「ずっといる」「いること」

(1) She takes a walk. 
(ふだん)する。散歩を
(2) She took a walk. 
した、散歩を
(3) She will take a walk. 
するつもり、散歩を
  She wants to take a walk. 
欲する、すること、散歩を
(4) She is taking a walk. 
(今)している、散歩を
 * She likes taking a walk. 
好む、すること、散歩を 動名詞
(5) She has taken a walk. 
(ちょうど)したところだ、散歩を

takes, took, will take, has taken, is taking, taking
「する」「した」「するつもり」「したところ」「している」「すること」

皆さんは、このような教育を中学、高校、あるいは大学で教え込まれてきたのです。しかしこの教育の行き着くところは何だったのか?中学や高校のの英語の先生も、TOEIC試験で高得点をとった人も自由に英語が話せない現実を産んでいるのです。
例えば、「彼女は忙しいです」=She is busy.の動詞変化を見ると以下のようになります。
is, was, will be, has been,being
「です」「でした」「なるだろう」「ずっと〜です」「〜であること」
また「彼女はテニスをします」=She plays tennis.の動詞変化を見ると以下のようになります。
plays, played, will play, has played, is playing, playing
「する」「した」「するつもり」「したところ」「している」「すること」

このような学習をしていて、英語という言葉が定着・蓄積できますか?
同じ「する」という訳語は、do, play,take,putなど数えきれない動詞に当てはまります。take a walk,play tennisと覚えるからことばが定着・蓄積していくのです。
そんな学習をしないから、文法ではダメだ、しょせん英会話は一文丸暗記だ、ということになり、英会話学習は果てしのない丸暗記学習となったり、「CDを聞いていればいつの間にか英語が話せる」といったおよそ根拠のない英会話教材の購入へと向かうことになっています。

それでは、ネイティブや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパの人たち、インド人、中国人はどのような英会話学習をしているのか?
その答えは簡単です。彼らは動詞だけの変化に注目しないで、「状態や行為をひとまとまりのもの」、つまりフレーズとしてとらえ、それを覚えるのが英会話学習だと考えています。
彼らは、Be home.「家にいなさい」という表現を耳にすると、I will be home. I want to be home. I like being home.と簡単に表現展開します。なぜならI willとかI want toはbe homeが、あるいはlikeにはbeing home.が結びつくトレーニングをしているからです。さらにShe has toが「ねばならない」とか、またYou have only toが「しさえすればいい」という意味だ知るとそれを使って表現するのが英会話学習だと考えているです。
You have only to be home. 
家にいさえすればいいのよ
もちろんこれはbe careful「注意する」でも、take a walkで、play tennis,do the shoping「買い物をする」でもまったく同じです。
私たち日本人は文法にこだわり過ぎて英語が話せない、一方インドや中国の人、あるいはネイティブさえも、多少動詞の変化を間違っていても言いたいことは言える、これが私たちと彼らの根本的な違いです。

●動詞フレーズの変化ととらえるファンクションメソッド
そしてこれが英語発想だ!
[A}be動詞系列の展開
(1) She is home. 
存在する、家に
(2) She was home. 
存在した、家に
(3) She will be home. 
するつもり、家にいること
  She wants to be home. 
欲する。家にいること 不定詞
 * She likes being home. 
好む、家にいること 動名詞
(4) She has been home. 
持っている、家にいたことを

[1] (am, are, is) home 
家にいる
[2] (was, were) home 
家にいた
[3] be home 
家にいること
[4] being home 
家にいながらのこと
[5] been home 
家にいたこと

[B}一般動詞系列の展開
(1) She takes a walk. 
(ふだん)散歩する
(2) She took a walk. 
散歩した
(3) She will take a walk. 
つもりだ、散歩すること
  She wants to take a walk. 
欲する、(これから)散歩することを 不定詞
(4) She is taking a walk. 
存在する、散歩しながら
 * She likes taking a walk. 
好む、散歩しながらのことを 動名詞
(5) She has taken a walk.
持っている、散歩したことを

[1] take(s) a walk 
(ふだん)散歩する
[2] took a walk 
(その時)散歩した
[3] take a walk 
散歩すること
[4] taking a walk 
散歩しながら(のこと)
[5] taken a walk 
散歩したこと

英語のしくみはあきれるくらいシンプルで合理的なものです。
以上のように英語にはbe動詞系列と、一般動詞系列の2つしかありません。
さらに、英語には4つの時制があるだけです。
4時制
そしていったんその「英語の枠組み」を身につけたら、どんなフレーズもその枠組みで展開できることになります。
ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。

参考に以下の教材をご覧ください。ここにはplay tennisの表現表現をあげています。ちなみに表現の90%以上がplay tennisという原形動詞フレーズを使ったものとなっています。これが先に述べた「動詞の変化を多少間違っていても英語は通じる」という根拠を示しています。
 「コミニカ中学英語基礎編」




スポンサードリンク
posted by cominica at 11:13 | Comment(0) | こんなシンプルな英語のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

あなたは、ここにいるべきでした


[お知らせ]

ご好評につき、このブログのオンライン講座に受講申し込みをしていただいた方に以下の電子本を無料進呈しています。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法

いよいよ年末となってきました。このブログの記事も一応の「締め」の段階へと向かうことになります。まとめを経て新たな新年を迎えましょう。
個別の学習については、来年早々からの学習となります。
「来年こそは」と考えている方、一から英会話学習をやり直したいと考えている方はぜひオンライン講座を受講してください。

[今日の学習]

「(今考えると)〜すべきだった」とか、「〜した方がよかった」「〜しない方がよかった」といった表現は日常会話で欠かせないものです。

ことばの発達は小から大へ、決してその逆ではない

先日、ふとNHKの英語講座の番組を見かけました。
そこでネイティブが次のような表現を教えていました。

  You should've turned the heat off.
  あなたは、暖房機を消すべきでした

彼はこのshould haveを短縮したshould'veを「シュバ」と発音すると言い、この文は「have+過去分詞」で完了形だと説明していました。

確かに文法ではその通りかもしれません。しかし私はその説明に違和感を覚えました。なぜなら彼はネイティブでありながら英語の発想を伝えていなかったからです。
たぶん、彼は日本人が構成した台本を元に話していたと思われます。

ここで重要なのはどうしてYou should've=「ユー シュバ」と彼は発音したか、ということです。

そこでかつて書いたことがありますが、以下のような表現と比べてください。理解しやすいように、2色で表記します。

  I gonna turn the heat on.
  = I am going to turn the heat on.
  私は、暖房器をつけるつもりです

  I wanna turn the heat on.
  = I want to turn the heat on.
  私は、暖房器をつけたい

  You have to turn the heat off.
  ※have toは「ハフト」と発音されることがあります。
  あなたは、暖房器を消さなければならない

  You'd better turn the heat off.
  ※You'd betterはYou had betterの短縮形です。
  あなたは、暖房器を消した方がいい

そこで今回の以下の表現です。

  You should have turned the heat off.
  = You should've turned the heat off.

さて私がネイティブの説明に違和感を覚えたということがわかっていただけましたでしょうか。

彼は、完了形は「have[has]+過去分詞」、「be going to+動詞の原形」、[want to+動詞の原形」、「have to+動詞の原形」、さらに{助動詞had better+動詞の原形」などと、日本人が書いた原稿を読むことになるでしょう。

しかしそんな説明で「暖房機をつけたり、消したり」する行為や状態を思い浮かべる説明ができたと言えるでしょうか。

英語発想は、あきらかに黒色で表記したフレーズ(ファンクションフレーズ)と、赤色で表記した動詞フレーズとを分離させているのです。

だから、You should'veと表現した段階で「あなたは〜ユウするべきだったよ」と、そして「何を?」ということで、turned the heat off(段放棄を消したことを」と付け加えたということになります。

くり返しますが、以下の教育文法のように英語をとらえても、英語の発想が身につかないばかりか、「暖房機をつけたり、消したり」といった表現など態着・蓄積しないのは当たり前のことです。

  You should have turned the heat off.

【一般動詞フレーズ5段活用】 turn the heat off[on] 「暖房機を消す、つける」
=============================
(1) turn(s) the heat off[on]  現在形動詞フレーズ 
(2) turned the heat off[on]  過去形動詞フレーズ 
(3) turn the heat off[on]  原形動詞フレーズ
(4) turning the heat off[on]  ing形動詞フレーズ
※進行形や、動名詞で使われる。
(5) turned the heat off[on]  ed形動詞フレーズ
※完了形で使われる。    
=============================

この英語の回路とらえる工夫が「オウム返し英会話学習法」です。

  [1]. あなたは、暖房機を消すべきでした
    → You should have turned the heat off.

もちろんこのような表現はbe動詞フレーズも導きます。

【be動詞フレーズ5段活用】 here 「ここにいる」
=============================
(1) (am, are, is) here  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) here  過去形動詞フレーズ 
(3) be here  原形動詞フレーズ
(4) being here  ing形動詞フレーズ
※進行形にならず、動名詞で使われる。
(5) been here  ed形動詞フレーズ
※完了形で使われる。    
=============================

  [1]. あなたは、ここにいるべきでした
     → You should have been here.

【be動詞フレーズ5段活用】 be liked by everyone「みんなに好かれる」
=============================
(1) (am, are, is) liked by everyone  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) liked by everyone  過去形動詞フレーズ 
(3) be liked by everyone  原形動詞フレーズ
(4) being liked by everyone  ing形動詞フレーズ
※進行形にならず、動名詞で使われる。
(5) been liked by everyone  ed形動詞フレーズ
※完了形で使われる。    
=============================

  [1]. あなたは、みんなに好かれるべきでした
    → You should have been liked by everyone.

もちろんこのような表現は、「〜すべきだった」だけではありません。
「〜すべきでなかった」「〜すぺきだったの?」と否定形や疑問形への展開があり、さらに

 「〜つもりだった」「〜したかもしれない」「〜してもよかった」「〜したかもしれない」「〜したに違いない」「〜しなければならなかった」「〜すべきだった」「〜するはずだった」

などと、表現は拡大していきます。

  [1]. あなたは、その映画を見た方がよかった
    → You'd better have seen the movie.

  [2]. あなたは、その映画を見ない方がよかった
    → You'd better not have seen the movie.

  [3]. 私は、その映画を見た方がよかったですか?
    → Had I better have seen the movie?

さらなる表現は「オンライン通信講座受講者用ページ」でご覧ください。


「オウム返し英会話学習法」は、小から大へと進化する英文の生産を有機的に体系化したものと言えるでしょう。

私はこの英語の回路、枠組みを身につけるのが「英語脳の獲得」だと思います。

ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。
   
[受講生の皆さんへ]
今回も以上のような記事に対応した「英語脳構築プログラム」をオンライン通信講座受講者用ページからご覧になれます。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson be here「ここにいる」

表題「be here」

【be動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
be動詞ファンクションフレーズ
【be動詞フレーズ5段活用】 here 
=============================
(1) (am, are, is) here  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) here  過去形動詞フレーズ 
(3) be here  原形動詞フレーズ
(4) being here  ing形動詞フレーズ
※進行形にならず、動名詞で使われる。
(5) been here  ed形動詞フレーズ
※完了形で使われる。    
=============================

  She may have been here.
  (今考えてみると)彼女はここにいたかもしれない

ちなみにこれは当方がお知らせしたIDとPasswordを一度入れておくと、クリックなどしなくてもこのブログの画面で「オンライン通信講座受講者用ページ」が見れます。

[お知らせ
「英語脳構築オウム返し英会話学習法」HTML版は、マウスを合わせるとフレーズが浮かび上がってきます。

サンプルで体験してください。音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、スピーカーのイラスト(ただし、何かの具合では現在このイラストは消えていますが表題の右端のもの)をクリックし、「マウスを当てると文字が浮かび上がる」のは、下の段右にある「NEXT」のイラストをクリックしてください。

教材全体のサンプルは左のイラストをクリックしてください。

【オウム返し No.26】
  「スミスさんて、どのような人なの?」「可愛いよ」

初学者のための英語脳構築英作教材 
 書いて覚える「コミニカ中学英語基礎編

ネイティブの人たちや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパやインド、中国の人たちと私たち日本人が根本的に異なるのは、彼らが「自分が表現したいことをどのようにして英語に変換するか」という学習を受けるからです。彼らはワンフレーズ、つまり片言でも言いたいことを表現しなさい、という教育を受けます。そしてそれをキチンとした表現へと導くのが教師の役目であり、そのために教えるのが文法(当たり前ですが、これは教育文法ではありません)です。
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 11:35 | TrackBack(0) | こんなシンプルな英語のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

英語の回路、枠組みを身につけるのが「英語脳の獲得」


[お知らせ]

ご好評につき、このブログのオンライン講座に受講申し込みをしていただいた方に以下の電子本を無料進呈しています。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法

 年末年始のスケジュールについてご連絡申し上げます。

 ファンクションメソッド英語研究会では年末年始も休みなく、通常通りブログの配信を続けます。
 また、事務局も通常通りに教材発送やオンライン講座受講の受付、問合せなども対応しております。

[今日の学習]

ことばの発達は小から大へ、決してその逆ではない

英語のしくみ、枠組みをどう伝えるか、これが大切なことです。
でもそれが文法用語でバラバラにされた無機的なものでは言葉として身につかないのは当たり前です。

私たちと同じ非英語圏の人たちの英語学習は、ひとつのワンフレーズ表現をどのようにして場面や状況に応じてどのように展開させるか、という視点で進めています。

アメリカなどで売られているいわゆる英会話本のほとんどがその視点で編集されています。

しかし、日本の英語学習は文法項目を中心に編集されているものが多いです。

「オウム返し英会話学習法」は、「言葉としての英語のしくみ」を教えることを有機的に体系化したものです。
例えば、中1配当の初めから、be動詞系列と一般動詞系列の2つにわけることによって同じ「現在形」でもしくみがまったく異なることを伝えています。

さらにbe動詞系列の動詞フレーズをSVCといった文型で教えるのではなく、ことばとして以下のように分類して伝えています。
あるいはSV+場所句とか、be on the phone(電話をしている)などは連語だとか、イディオムと分類するのはいかに英語発想とは無縁のものかわかると思います。

[コミニカ五文型]
------------------------------------------
 (1) 「〜は ドンナだ文」 補語が形容詞のもの
   I am happy.
 (2) 「〜は ナニだ文」  補語が名詞のもの
   I am a happy girl.
 (3) 「〜は ある・いる文」 補語が方位副詞、前置詞+名詞のもの
   I am here.
   I am with you.

さらに上の(1)は、動詞フレーズを使って動的な展開表現へと進むことになります。
  be going toの文
   I am (going) to do it.
  進行形
   I am doing it.
  受身形
  It is done by me. 

参考に以上のフレーズの現在形の展開は以下のテーブルで運用されることを確認してください。

○ファンクションフレーズテーブル be動詞 現在形
table-1 

先に、「ひとつのワンフレーズ表現をどのようにして場面や状況に応じてどのように展開させるか」と述べました。
それを実現するために以下のような動詞フレーズの展開を無意識に身につけるようになっています。

【be動詞フレーズ5段活用】 be with you「あなたと一緒にいる」
=============================
(1) (am, are, is) with you  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) with you  過去形動詞フレーズ 
(3) be with you  原形動詞フレーズ
(4) being with you  ing形動詞フレーズ
※進行形にならず、動名詞で使われる。
(5) been with you  ed形動詞フレーズ
※完了形で使われる。    
=============================

さて、今回はそんな展開表現の具体例を見ていただきます。
ただし、これは主語をIにした、肯定形での表現だけです。
またあえて、文法用語は省略しました。
以下にあげたほとんどの表現は「オウム返し英会話学習法」で登場します。

  (1) I am with you. (ふだん)あなたと一緒にいる
  (2) I was with you. (その時)あなたと一緒にいた
  (3) I will be with you. (これからも)あなたと一緒にいるつもり
  (4) I have been with you. (ずっと)あなたと一緒にいる

  (5) I may be with you. 一緒にいるかも
  (6) I must be with you. 一緒にいなきゃ
  (7) I had better be with you. 一緒にいた方がよい

  (8) I am going to be with you. 一緒にいるつもり
  (9) I want to be with you. 一緒にいたい
  (10) I'd like to be with you. 一緒にいたい
  (11) I have to be with you. 一緒にいなきゃ

  (12) I like being with you.
    一緒にいるのが好き
  (13) I am looking forward to being with you.
    一緒にいることを期待する

  (14) I want you to be with me.
    あなたに一緒にいてもらいたい
  (15) I'd like you to be with me.
    あなたに一緒にいてもらいたい
  (16) I tell you to be with me.
    (ふだん)あなたに一緒にいてもらいたいと言っている
  (17) I ask you to be with me.
    (ふだん)あなたに一緒にいてもらいたいと頼んでいる
  (18) When I am with you, I am happy.
    あなたと一緒にいると、私は楽しい
  (19) If I am with you, I will be happy.
    もしあなたと一緒にいれば、私は楽しいくなる

  (20) I should have been with you.
    あなたと一緒にいるべきでした
  (21) I must have been with you.
    あなたと一緒にいなければならなかった
  (22) I had better have been with you.
    あなたと一緒にいた方がよかった

以上のような英語の回路・枠組みが身につけば、be動詞フレーズの補語がどのうように変わっても運用されることになります。
もちろん英語もことばですから、機械的に結びつくものではありませんが。

私は、来年からこの英語のしくみ・枠組みを一から伝えていきたいと思っています。
またさらにWho should I be with?(私、誰と一緒にいるべきなの?)とか、Who were you with last night?(昨夜、誰と一緒にいたの?」といった教材に登場しない日常会話で使われる表現もオンライン講座で伝えていきます。

【be動詞フレーズ5段活用】 be home「家にいる」
=============================
(1) (am, are, is) home  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) home  過去形動詞フレーズ 
(3) be home  原形動詞フレーズ
(4) being home  ing形動詞フレーズ
※進行形にならず、動名詞で使われる。
(5) been home  ed形動詞フレーズ
※完了形で使われる。    
=============================

「オウム返し英会話学習法」は、小から大へと進化する英文の生産を有機的に体系化したものと言えるでしょう。

私はこの英語の回路、枠組みを身につけるのが「英語脳の獲得」だと思います。

ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。
   
[受講生の皆さんへ]
今回も以上のような記事に対応した「英語脳構築プログラム」をオンライン通信講座受講者用ページからご覧になれます。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson be home「家にいる」

表題「be home」

【be動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
be動詞ファンクションフレーズ
【be動詞フレーズ5段活用】 be home
=============================
(1) (am, are, is) home  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) home  過去形動詞フレーズ 
(3) be home  原形動詞フレーズ
(4) being home  ing形動詞フレーズ
※進行形にならず、動名詞で使われる。
(5) been home  ed形動詞フレーズ
※完了形で使われる。    
=============================

  She may have been home.
  (今考えてみると)彼女は家にいたかもしれない

ちなみにこれは当方がお知らせしたIDとPasswordを一度入れておくと、クリックなどしなくてもこのブログの画面で「オンライン通信講座受講者用ページ」が見れます。

[お知らせ
「英語脳構築オウム返し英会話学習法」HTML版は、マウスを合わせるとフレーズが浮かび上がってきます。

サンプルで体験してください。音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、スピーカーのイラスト(ただし、何かの具合では現在このイラストは消えていますが表題の右端のもの)をクリックし、「マウスを当てると文字が浮かび上がる」のは、下の段右にある「NEXT」のイラストをクリックしてください。

教材全体のサンプルは左のイラストをクリックしてください。

【オウム返し No.26】
  「スミスさんて、どのような人なの?」「可愛いよ」

初学者のための英語脳構築英作教材 
 書いて覚える「コミニカ中学英語基礎編

ネイティブの人たちや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパやインド、中国の人たちと私たち日本人が根本的に異なるのは、彼らが「自分が表現したいことをどのようにして英語に変換するか」という学習を受けるからです。彼らはワンフレーズ、つまり片言でも言いたいことを表現しなさい、という教育を受けます。そしてそれをキチンとした表現へと導くのが教師の役目であり、そのために教えるのが文法(当たり前ですが、これは教育文法ではありません)です。
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 13:31 | TrackBack(0) | こんなシンプルな英語のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする