2009年12月11日

彼女は、(ずっと)外出していました


[お知らせ]

ご好評につき、このブログのオンライン講座に受講申し込みをしていただいた方に以下の電子本を無料進呈しています。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法

[今日の学習]

英語を文法用語でなく、ことばとしてとらえませんか?

私は、「誰も教えてくれなかった 英作文逆転の発想法」日本実業出版社刊を著したことがあります。これは1996年10月のことです。
その本の冒頭「はじめに」のところで以下のように書きました。(ただし、少し書き改めた部分があります)
------------------
 筆者が、この本を書かなければならないと熱く思った出発点は、あるクリスマスソングを耳にしたことです。今はすでに題名も忘れたが、こんな歌詞をはっきり記憶している。

  It's hard to say Merry X'mas!
  「メリー・クリスマス」が言えない
  I want to say Merry X'mas!
  「メリー・クリスマス」と言いたい

 この歌を耳にした時、「一文丸暗記や、わかったようでわからない文法学習に苦しんでいる人を救えるのではないか」と直感した。

 英語の「私は〜したい」「(そりゃ)〜できないよ」という部分は、他の動詞フレーズがきても十分使えるじゃないか。そもそも英語の発想というものは最初に位置するフレーズで主体(主語)や時制、あるいは情緒まで宣言してしまうことにある。

  I can't say Merry X'mas!
  「メリー・クリスマス」が言えない
  I have to say Merry X'mas!
  「メリー・クリスマス」と言わなきゃ
  I don't want to say Merry X'mas!
  「メリー・クリスマス」と言いたくない

だから、それを様々に覚えたら、後は動詞フレーズを覚えるだじゃないか---そう思ったのだ。

 例えば、say Merry X'masをsay yesと入れかえたら、
※当時、「Say yes」が流行っていました。

  I don't say yes.
  「イエス」と言っていない
  I didn't say yes.
  「イエス」と言わなかっ
  I won't say yes.
  「イエス」と言うつもりはない
  I have never said yes.
  「イエス」とは言ったことはない
  I want to say yes.
  「イエス」と言いたい
  It's hard to say yes.
  「イエス」とは言えない
  It's easy to say yes.
  「イエス」と言うのは簡単だ

あるいはこう表現したいこともあるだろう。

  Will you (please) say yes?
  「イエス」と言ってくれませんか?
  I don't want to say yes.
  「イエス」と言いたくない
  I didn't want to say yes.
  「イエス」と言いたくなかった
  I don't have to say yes.
  「イエス」と言う必要はない
  You had better say yes.
  「イエス」と言った方がいい

 あげたらキリがないが、これが英語発想であり、これが英語学習の基本にあるべきだ。つまりこういう基礎から応用へのプロセスこそが、「表現展開の可能性、あるいは表現を拡大させる可能性」がある英語学習法であり、筆者は「ファンクションメソッド」と名づけた。他の英語や英会話本にない本書の最大の特色は、この点にある。
------------------

言うまでもありませんが、この英語発想を身につける英作トレーニングを基礎(ワンフレーズ表現)から身につけるように構成したのが「オウム返し英会話学習法」です。

 ※後で調べましたが、この歌は稲垣潤一さんの「メリークリスマスが言えない」であり、作詞は秋元康さんでした。



【一般動詞フレーズ5段活用】  
=============================
(1) say(s) Merry X'mas  現在形動詞フレーズ 
(2) said Merry X'mas  過去形動詞フレーズ 
(3) say Merry X'mas  原形動詞フレーズ
(4) saying Merry X'mas  ing形動詞フレーズ
※進行形や、動名詞になります
(5) said Merry X'mas  ed形動詞フレーズ  
=============================

今回も、(C)のbe動詞+方位副詞と(D)のbe動詞+前置詞+名詞のパターンについて述べておきます。
今回は、「ENGLISH-TREKKING教材Vol.2」から方位語(33) be outの動詞フレーズと(38) be throughの動詞フレーズをご覧になってください。

くり返しとなりますが、動詞はフレーズとして覚えなければ身につきません。
くわしい説明は次回にします。

  方位副詞の例
   away, back, down, up, off, on, out, over, up, etc.
  前置詞の例
   against, at, in, into, from, of, to, with,etc.

ファンクションメソッドは、ファンクションフレーズと動詞・補語フレーズの順列・組み合わせで英文が成立してるとするメソッドです。

以下のようなテーブルはファンクションフレーズを表しています。ここには様々な主体(主語)における肯定、否定、疑問、否定疑問、あるいは付加疑問、そしてshort answerのフレーズをあげています。

○ファンクションフレーズテーブル be動詞 現在形
table-1 

 be動詞フレーズのパターン

 (A) be動詞+形容詞 VC感覚  ※「〜は ドンナだ文」
   She is pretty.
   彼女は可愛い

 (B) be動詞+名詞 VC感覚  ※「〜は ナニだ文」
   She is a pretty girl.
   彼女は可愛い(女の子だ)

 (C) be動詞+方位副詞 VC感覚  ※「〜は ある・いる文」
   She is down.
   彼女は滅入っています

[英会話発想トレーニング]
  [C-1]. 彼女は、(今)外出しています
    → She is out.

  [C-2]. 彼女は、外出していました
     → She was out.

  [C-3]. 彼女は、外出するつもりです
     → She will be out.

  [C-4]. 彼女は、(ずっと)外出していました
      → She has been out.

※( )内の数字は当教材所収の文例の数です。

(12) be outの動詞フレーズ  (61)

(20) be throughの動詞フレーズ  (38)

 (D) be動詞+前置詞+名詞 VC感覚
   She is in trouble.
   彼女は困っている
    
    「ENGLISH-TREKKING教材Vol.2 Basic verbs 16」より抜粋

   他のサンプルは左の項目の「be -Two-Word Verbs」をクリックしてください。

    「ENGLISH-TREKKING教材」全部のサンプル

実は、この教材が私が本を書いたり、ブログの記事、特にオンライン講座の文例の種本となっているものです。

これは全体をまとめたもので、実際は階段を一歩、一歩、確かめて登っていくトレーニングが必要です。
その発想を身につけることによって、様々な動詞フレーズが展開されることになります。これが英語を自由に話すための学習法です。

このブログのカテゴリー欄をご覧ください。
英語にはbe動詞系列と、一般動詞系列の2つしかありません。
今回のものはbe動詞系列のものです。

ちなみにこの「オウム返し学習法」の過去記事をご覧ください。
すべて補語フレーズや動詞フレーズが最初の「ワンフレーズ表現」となっています。
これが今までなかった英会話学習法なのです。

いったんその「英語の枠組み」を身につけたら、どんなフレーズもその枠組みで展開できることになります。これが英語脳の構築です。
これが社会人になれば、動詞フレーズが社会人に必要なフレーズを覚えなければなりませんが、その土台は中学英語で作られるということです。

いつも指摘しているように黒色に表記されたファンクションフレーズと赤色などで表記された動詞・補語フレーズを別個にとらえ、それを覚えていく、これがファンクションメソッドなのです。

ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。
   
[受講生の皆さんへ]
今回から以上のような記事に対応した「英語脳構築プログラム」をオンライン通信講座受講者用ページからご覧になれます。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson be out「外出している」

表題「be out」

【be動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
be動詞ファンクションフレーズ
【be動詞フレーズ5段活用】  
=============================
(1) (am, are, is) out  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) out  過去形動詞フレーズ 
(3) be out  原形動詞フレーズ
(4) being out  ing形動詞フレーズ
※進行形にならず、動名詞になります
(5) been out  ed形動詞フレーズ  
=============================

ちなみにこれは当方がお知らせしたIDとPasswordを一度入れておくと、クリックなどしなくてもこのブログの画面で「オンライン通信講座受講者用ページ」が見れます。

[お知らせ
「英語脳構築オウム返し英会話学習法」HTML版は、マウスを合わせるとフレーズが浮かび上がってきます。

サンプルで体験してください。音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、スピーカーのイラスト(ただし、何かの具合では現在このイラストは消えていますが表題の右端のもの)をクリックし、「マウスを当てると文字が浮かび上がる」のは、下の段右にある「NEXT」のイラストをクリックしてください。

教材全体のサンプルは左のイラストをクリックしてください。

【オウム返し No.26】
  「スミスさんて、どのような人なの?」「可愛いよ」

初学者のための英語脳構築英作教材 
 書いて覚える「コミニカ中学英語基礎編

ネイティブの人たちや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパやインド、中国の人たちと私たち日本人が根本的に異なるのは、彼らが「自分が表現したいことをどのようにして英語に変換するか」という学習を受けるからです。彼らはワンフレーズ、つまり片言でも言いたいことを表現しなさい、という教育を受けます。そしてそれをキチンとした表現へと導くのが教師の役目であり、そのために教えるのが文法(当たり前ですが、これは教育文法ではありません)です。
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 11:29 | TrackBack(0) | Two Word Verbsについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

彼女は東京のどこかにいるかもしれない


[お知らせ]

ご好評につき、このブログのオンライン講座に受講申し込みをしていただいた方に以下の電子本を無料進呈しています。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法

[今日の学習]

英語を文法用語でなく、ことばとしてとらえませんか?

今回も、(C)のbe動詞+方位副詞と(D)のbe動詞+前置詞+名詞のパターンについて述べておきます。

方位語(方位副詞や前置詞のこと)は、英語の心とも言えるものです。
彼らはものごとを方位や空間でとらえようとします。

すでにbe backやbe outの文例をご覧になったと思いますが、特にoutを例にすると、「外出する」「留守をする」「(花が)「咲く」「(葉)が出る」「(火が)消える」「(秘密が)露見する」「(ドレスが)流行らない」「(腕が)脱臼している」などの意味で使われます。

つまり日本語は動詞表現の豊富なことばなのです。

イギリスの言語学者C.K.Ogdenが「たった16の動詞で日常会話のすべてができる」とし、さらに「動作語」としてoutやinなども加えています。つまりこの順列組み合わせで表現できるとしています。
例えば、be outは「範囲外の存在だ」というのが本質的な意味です。

よく「リスニングができない」と言われますが、以下の文例のすべての単語はリスニングできると思います。
でもその意味がわからなければ、リスニングができたとは言えません。

  I was out for an hour.
  私は1 時間意識がなかった

方位語の扱いで、大切なことはこれには「物理的・具体的な位置関係」を表す場合と、それをメタフォー(類推表現)によって「心理的な状況な状況」を表す場合があるということです。
例えば、be downは前者では「下にいる」、後者は「がっかりしている」などということ。

もちろん中学英語では前者が大部分を占めますが、どのようにして後者の表現に橋渡しをするかが大切なポイントとなります。

「オウム返し英会話学習法」では、inを「範囲内」、outは「範囲外」などのことばを使ってその本質的な意味をとりあげています。
inを「中に」、outは「外に」などではとらえきれない英語の心を身につけてください。

当ブログのカテゴリ欄「○「〜は、ある・いる文」とは」以下をご覧ください。

今回は、「ENGLISH-TREKKING教材Vol.2」から方位語(31) be offの動詞フレーズと(43) be (〜)whereの動詞フレーズをご覧になってください。

  方位副詞の例
   away, back, down, up, off, on, out, over, up, etc.
  前置詞の例
   against, at, in, into, from, of, to, with,etc.

ファンクションメソッドは、ファンクションフレーズと動詞・補語フレーズの順列・組み合わせで英文が成立してるとするメソッドです。

以下のようなテーブルはファンクションフレーズを表しています。ここには様々な主体(主語)における肯定、否定、疑問、否定疑問、あるいは付加疑問、そしてshort answerのフレーズをあげています。

○ファンクションフレーズテーブル be動詞 現在形
table-1 

 be動詞フレーズのパターン

 (A) be動詞+形容詞 VC感覚  ※「〜は ドンナだ文」
   She is pretty.
   彼女は可愛い

 (B) be動詞+名詞 VC感覚  ※「〜は ナニだ文」
   She is a pretty girl.
   彼女は可愛い(女の子だ)

 (C) be動詞+方位副詞 VC感覚  ※「〜は ある・いる文」
   She is down.
   彼女は滅入っています

[英会話発想トレーニング]
  [C-1]. 彼女は、東京のどこかにいます
    → She is somewhere in Tokyo.

※somewhereは。「不特定のある場所に」ということで、「どこかに」という日本語訳となります。

  [C-2]. 彼女は、東京のどこにもいません
    → She isn't anywhere in Tokyo.

※anywhereは。「見渡す限りゼロに近い場所に」ということで、「どこにも」という日本語訳となります。

  [C-3]. 彼女は、東京のどこにもいません
    → She is nowhere in Tokyo.

※nowhereは。「ゼロの場所に」ということで、「どこにもいない」という日本語訳となります。

  [C-4]. 彼女は、東京のどこかにいますか?
    → Is she anywhere in Tokyo?

  [C-5]. 彼女は、東京のどこにいますか?
     → Where is she in Tokyo?

※( )内の数字は当教材所収の文例の数です。

(12) be offの動詞フレーズ  (66)

(20) be (〜)where (25)

 (D) be動詞+前置詞+名詞 VC感覚
   She is in trouble.
   彼女は困っている
    
    「ENGLISH-TREKKING教材Vol.2 Basic verbs 16」より抜粋

   他のサンプルは左の項目の「be -Two-Word Verbs」をクリックしてください。

    「ENGLISH-TREKKING教材」全部のサンプル

実は、この教材が私が本を書いたり、ブログの記事、特にオンライン講座の文例の種本となっているものです。

これは全体をまとめたもので、実際は階段を一歩、一歩、確かめて登っていくトレーニングが必要です。
その発想を身につけることによって、様々な動詞フレーズが展開されることになります。これが英語を自由に話すための学習法です。

このブログのカテゴリー欄をご覧ください。
英語にはbe動詞系列と、一般動詞系列の2つしかありません。
今回のものはbe動詞系列のものです。

ちなみにこの「オウム返し学習法」の過去記事をご覧ください。
すべて補語フレーズや動詞フレーズが最初の「ワンフレーズ表現」となっています。
これが今までなかった英会話学習法なのです。

いったんその「英語の枠組み」を身につけたら、どんなフレーズもその枠組みで展開できることになります。これが英語脳の構築です。
これが社会人になれば、動詞フレーズが社会人に必要なフレーズを覚えなければなりませんが、その土台は中学英語で作られるということです。

いつも指摘しているように黒色に表記されたファンクションフレーズと赤色などで表記された動詞・補語フレーズを別個にとらえ、それを覚えていく、これがファンクションメソッドなのです。

ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。
   
[受講生の皆さんへ]
今回から以上のような記事に対応した「英語脳構築プログラム」をオンライン通信講座受講者用ページからご覧になれます。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson be somewhere in Tokyo<「東京のどこかにいる」

表題「be somewhere in Tokyo<」

【be動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
be動詞ファンクションフレーズ
【be動詞フレーズ5段活用】  
=============================
(1) (am, are, is) somewhere in Tokyo  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) somewhere in Tokyo  過去形動詞フレーズ 
(3) be somewhere in Tokyo  原形動詞フレーズ
(4) being somewhere in Tokyo  ing形動詞フレーズ
※進行形にならず、動名詞になります
(5) been somewhere in Tokyo  ed形動詞フレーズ  
=============================

「東京のどこかにいるにいるかもしれない」「東京のどこかにいるにいるはすだ」「東京のどこかにいるにいるに違いない」
「東京のどこかにいるにいたはずだ」などの表現を加えています。

ちなみにこれは当方がお知らせしたIDとPasswordを一度入れておくと、クリックなどしなくてもこのブログの画面で「オンライン通信講座受講者用ページ」が見れます。

[お知らせ
「英語脳構築オウム返し英会話学習法」HTML版は、マウスを合わせるとフレーズが浮かび上がってきます。

サンプルで体験してください。音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、スピーカーのイラスト(ただし、何かの具合では現在このイラストは消えていますが表題の右端のもの)をクリックし、「マウスを当てると文字が浮かび上がる」のは、下の段右にある「NEXT」のイラストをクリックしてください。

教材全体のサンプルは左のイラストをクリックしてください。

【オウム返し No.26】
  「スミスさんて、どのような人なの?」「可愛いよ」

初学者のための英語脳構築英作教材 
 書いて覚える「コミニカ中学英語基礎編

ネイティブの人たちや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパやインド、中国の人たちと私たち日本人が根本的に異なるのは、彼らが「自分が表現したいことをどのようにして英語に変換するか」という学習を受けるからです。彼らはワンフレーズ、つまり片言でも言いたいことを表現しなさい、という教育を受けます。そしてそれをキチンとした表現へと導くのが教師の役目であり、そのために教えるのが文法(当たり前ですが、これは教育文法ではありません)です。
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 11:23 | TrackBack(0) | Two Word Verbsについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は散歩に出かけます


[お知らせ]

ご好評につき、このブログのオンライン講座に受講申し込みをしていただいた方に以下の電子本を無料進呈しています。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法

[今日の学習]

英語を文法用語でなく、ことばとしてとらえませんか?

今回は、一般動詞goと方位語(方位副詞や前置詞のこと)ついて述べます。

日本の英語教育でまったく不足しているのは、Two Word Verbsのしくみを教えることです。ほとんどが連語だとか、イディオムだと呼ばれ、丸暗記の対象になっているのはまったく問題だといっていいでしょう。

さらにI'm here.を「出席しています」、I'm home.「ただいま」などと会話文だとか言われ、丸暗記の対象となっています。

前回も述べたように、イギリスの言語学者C.K.Ogdenが「たった16の動詞で日常会話のすべてができる」とし、さらに「動作語」としてoutやinなども加えています。つまりこの順列組み合わせで表現できるとしています。

今まで、be動詞と方位語について述べてきました。
なぜならすべての基本はbe動詞にあるからです。「存在」はある意味で静止的なものです。それを動的な表現にするのが一般動詞の役割です。

  be out ---> go out, come out, get out
  be home ---> go home, come home, get home
  be back ---> go back, come back, get back
  be off ---> go off, come off, get off
  be out ---> go out, come out, get out
  be through ---> go through, come through, get through

ちなみにbe動詞と方位語との結びつきはだいたい46通りです。つまり46の方位語と結びついて様々な表現となります。

参考にENGLISH-TREKKING教材Vol.2 Basic verbs 16に登場するbe動詞と方位語との結びつきの文例の数は以下の通りです。

  be at の動詞フレーズ (223)
  be for の動詞フレーズ (116)
  be inの動詞フレーズ  (886)
  be ofの動詞フレーズ  (144)
  be onの動詞フレーズ  (368)
  be out of の動詞フレーズ  (135)

今回とりあげたgoと方位語との結びつきは主に27と限定されます。これはgoの意味と結びつかない方位語が多くあることを示しています。
以下はgoと方位語との結びつきです。

 go -Two-Word Verbs

   go -Two-Word Verbs

今回は、その内ahead、back, offが結びついた文例をご覧ください。
すでにbe backとbe offの文例は見ていただきましたが、beとaheadとの結びついた例をあげておきます、

root sense 「先頭」
aheadは、a+headであり、headは言うまでもなく「頭」「先頭」「前方」の意味です。メタフォーとして「進んでいる」といった意味にも使われます。

 (1) She is far ahead.
   彼女ははるか前方にいる

 (2) Her wedding is three days ahead.
   彼女の結婚式は 3 日先だ

 (3) You are ahead of the times.
   あなたは時勢より進んでいる

いくら会話文で多く使われるからといって、Go ahead!(お先にどうぞ)だけでは自由な会話ができないのは当たり前ですね、

※( )内の数字は当教材所収の文例の数です。

 (4) go ahead  (14)

 (8) go back  (17)

 (4) go off  (17)

    「ENGLISH-TREKKING教材」全部のサンプル

  方位副詞の例
   away, back, down, up, off, on, out, over, up, etc.
  前置詞の例
   against, at, in, into, from, of, to, with,etc.

ファンクションメソッドは、ファンクションフレーズと動詞・補語フレーズの順列・組み合わせで英文が成立してるとするメソッドです。

以下のようなテーブルはファンクションフレーズを表しています。ここには様々な主体(主語)における肯定、否定、疑問、否定疑問、あるいは付加疑問、そしてshort answerのフレーズをあげています。

○ファンクションフレーズテーブル 一般動詞 現在形
table-1 

 goの動詞フレーズのパターン

 (A) go + (副詞/副詞句) V感覚  (119)
   Go!
   行け!

 (B-1) go + 形容詞 VC感覚  (41)
   He went mad.
   気違いになった、怒り狂った

 (B-2) go +〜ing形動詞フレーズ VC感覚  (39)
   We will go cycling.
   私たちはサイクリングに行きます

 (B-3) go +〜ed形動詞フレーズ VC感覚  (4)
   His company went bankrupt.
   彼の会社は破産した

 (C) go to+原形動詞フレーズ /go and 動詞フレーズ V感覚  (51)
   go to buy some little cakes
   ケーキを少し買うために行く
   go and buy some little cakes
   ケーキを少し買うために行く

  ENGLISH-TREKKING教材Vol.2 Basic verbs 16」
    goの動詞フレーズINDEXより転載

    「ENGLISH-TREKKING教材」全部のサンプル

実は、この教材が私が本を書いたり、ブログの記事の種本となっているものです。
[英会話発想トレーニング]
  [C-1]. 彼女は、(ふだん)夕食に出かけます
     → She goes out for dinner.

  [C-2]. 彼女は、(ふだん)夕食に出かけません
     → She doesn't go out for dinner.

  [C-3]. 彼女は、(ふだん)夕食に出かけますか?
    → Does she go out for dinner?

これは全体をまとめたもので、実際は階段を一歩、一歩、確かめて登っていくトレーニングが必要です。
その発想を身につけることによって、様々な動詞フレーズが展開されることになります。これが英語を自由に話すための学習法です。

このブログのカテゴリー欄をご覧ください。
英語にはbe動詞系列と、一般動詞系列の2つしかありません。
今回のものはbe動詞系列のものです。

ちなみにこの「オウム返し学習法」の過去記事をご覧ください。
すべて補語フレーズや動詞フレーズが最初の「ワンフレーズ表現」となっています。
これが今までなかった英会話学習法なのです。

いったんその「英語の枠組み」を身につけたら、どんなフレーズもその枠組みで展開できることになります。これが英語脳の構築です。
これが社会人になれば、動詞フレーズが社会人に必要なフレーズを覚えなければなりませんが、その土台は中学英語で作られるということです。

いつも指摘しているように黒色に表記されたファンクションフレーズと赤色などで表記された動詞・補語フレーズを別個にとらえ、それを覚えていく、これがファンクションメソッドなのです。

ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。
   
[受講生の皆さんへ]
今回から以上のような記事に対応した「英語脳構築プログラム」をオンライン通信講座受講者用ページからご覧になれます。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson go out for a walk「散歩に出かける」

表題「go out for a walk」

【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
table-1
【一般動詞フレーズ5段活用】  
=============================
(1) go(es) out for a walk  現在形動詞フレーズ 
(2) went out for a walk  過去形動詞フレーズ 
(3) go out for a walk  原形動詞フレーズ
(4) going out for a walk  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞になります
(5) gone out for a walk  ed形動詞フレーズ  
=============================
  She is going out for a walk tonight.
  今夜、散歩に出かけます

ちなみにこれは当方がお知らせしたIDとPasswordを一度入れておくと、クリックなどしなくてもこのブログの画面で「オンライン通信講座受講者用ページ」が見れます。

[お知らせ
「英語脳構築オウム返し英会話学習法」HTML版は、マウスを合わせるとフレーズが浮かび上がってきます。

サンプルで体験してください。音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、スピーカーのイラスト(ただし、何かの具合では現在このイラストは消えていますが表題の右端のもの)をクリックし、「マウスを当てると文字が浮かび上がる」のは、下の段右にある「NEXT」のイラストをクリックしてください。

教材全体のサンプルは左のイラストをクリックしてください。

【オウム返し No.26】
  「スミスさんて、どのような人なの?」「可愛いよ」

初学者のための英語脳構築英作教材 
 書いて覚える「コミニカ中学英語基礎編

ネイティブの人たちや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパやインド、中国の人たちと私たち日本人が根本的に異なるのは、彼らが「自分が表現したいことをどのようにして英語に変換するか」という学習を受けるからです。彼らはワンフレーズ、つまり片言でも言いたいことを表現しなさい、という教育を受けます。そしてそれをキチンとした表現へと導くのが教師の役目であり、そのために教えるのが文法(当たり前ですが、これは教育文法ではありません)です。
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 15:27 | TrackBack(0) | Two Word Verbsについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

私は来週入院するつもりです


[お知らせ]

ご好評につき、このブログのオンライン講座に受講申し込みをしていただいた方に以下の電子本を無料進呈しています。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法

[今日の学習]

英語を文法用語でなく、ことばとしてとらえませんか?

今回も、一般動詞goと方位語(方位副詞や前置詞のこと)ついて述べます。

日本の英語教育でまったく不足しているのは、Two Word Verbsのしくみを教えることです。ほとんどが連語だとか、イディオムだと呼ばれ、丸暗記の対象になっているのはまったく問題だといっていいでしょう。

さらにI'm here.を「出席しています」、I'm home.「ただいま」などと会話文だとか言われ、丸暗記の対象となっています。

前回も述べたように、イギリスの言語学者C.K.Ogdenが「たった16の動詞で日常会話のすべてができる」とし、さらに「動作語」としてoutやinなども加えています。つまりこの順列組み合わせで表現できるとしています。

今まで、be動詞と方位語について述べてきました。
なぜならすべての基本はbe動詞にあるからです。「存在」はある意味で静止的なものです。それを動的な表現にするのが一般動詞の役割です。

  be home ---> go home, come home, get home
  be back ---> go back, come back, get back
  be in ---> go in, come in, get in
     ---> go into ~, come into ~, get into ~
  be out ---> go out, come out, get out
     ---> go out of ~, come out of ~, get out of ~

ここですべての方位語について述べることはできませんが、私はこのbe動詞+方位語が一般動詞を使った動的な表現へと展開する意味合いをきちんと整理した方がいいと思います。

私はこの関係を電子出版本「一週間に心にしみこむイディオム」で以下のようにサルを使って説明しています。

場面は、「サルがcage(おり)に入っている」状態で「人が外からそのおりを見ている」設定としています。「家にいる」「戻っている」「中にいる」「外にいる」といった意味となります。

  Be home.  家にいろ  
  Be back.  戻っていろ
  Be in.   中にいろ
  Be out.   外にいろ

一方、一般動詞goとcomeを使うと動的な「方向性」が生まれます。
まずgoは、「去り行き」を表すので、人を主体にすると、以下のような表現が、

  Go home.  家に帰れ  
  Go back.  戻って行け
  Go into the cage.   オリに入って行け
  Go out of the cage.  オリから出て行け 
  ※最後のものはサルが話せたら、あるいは人もオリの中にいたら

次にcomeは、「出現」を表すので、以下のような表現が

  Come home.  家に帰れ、戻れ
  Come back.  戻れ 
  Come into the cage.   オリに入って来い
  Come out of the cage.  オリから出て来い 
  ※すべてのセリフはサルが話せたら、あるいは人もオリの中にいたら

最後のgetには、goやcomeのような「方向性」はなく、「ある状態に到達する」という意味となります。ただし、beのように静止的なものではなく、「どうにかして」といった意味も含まれます。

  Get home.  家に帰れ、戻れ
  Get back.  戻れ 
  Get into the cage.   オリに入って来い、行け
  Get out of the cage.  オリから出て来い、行け 
  ※これは方向性がないのでサルでも人でも使えるセリフです。

ここで思い出してほしいのは、このブログでも紹介した以下の表現です

  I will be home for Christmas.
  I will be back.
 
 ※これは当時イラクに派遣された米兵の慰問に行ったシュワルツネッガーの挨拶の最後のセリフです。

いずれにしてもgo home, come homeやgo back, come backでは「方向性」が生まれ、get home, get backでは「どうにかして」という意味が含まれてしまいます。

しかしその使い分けはきちんと英語の発想として理解しておくべきだと思います。 

最後に指摘しておきたいのは、be動詞と一般動詞との表現の違いです。
inは「範囲内」を表し、intoは「範囲内+到達」を表すことによりgoと結びつくことになります。
一方、outは「範囲外」を表し、out of ~となります。

  I am in hospital.
  私は入院しています
  I'm going into hospital next week.
  私は来週入院するつもりです

  I am on a diet.
  私はダイエットしています
  I'm going on a diet.
  私はダイエットするつもりです

  My watch is out of order.
    私の時計は壊れています
  My watch went out of order.
    私の時計は壊れています

【be動詞フレーズ5段活用】 be on a diet
=============================
(1) (am, are, is) on a diet  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) on a diet  過去形動詞フレーズ 
(3) be on a diet  原形動詞フレーズ
(4) being on a diet  ing形動詞フレーズ
※基本的に進行形にはなりません。動名詞になります
(5) been on a diet  ed形動詞フレーズ  
=============================

【一般動詞フレーズ5段活用】 go on a diet
=============================
(1) go(es) on a diet  現在形動詞フレーズ 
(2) went on a diet  過去形動詞フレーズ 
(3) go on a diet  原形動詞フレーズ
(4) going on a diet  ing形動詞フレーズ
※基本的に進行形や動名詞になります
(5) gone on a diet  ed形動詞フレーズ  
=============================

 go -Two-Word Verbs

   go -Two-Word Verbs

今回はgo in, go into ~と、go out, go out of~の文例をあげておきます、それぞれを対照させて意味を身につけてください。

※( )内の数字は当教材所収の文例の数です。

 (13) go in  (28)

 (14) go into ~  (31)

 (17) go out  (61)

 (18) go out of ~  (14)

    「ENGLISH-TREKKING教材」全部のサンプル

  方位副詞の例
   away, back, down, up, off, on, out, over, up, etc.
  前置詞の例
   against, at, in, into, from, of, to, with,etc.

ファンクションメソッドは、ファンクションフレーズと動詞・補語フレーズの順列・組み合わせで英文が成立してるとするメソッドです。

 goの動詞フレーズのパターン

 (A) go + (副詞/副詞句) V感覚  (119)
   Go!
   行け!

 (B-1) go + 形容詞 VC感覚  (41)
   He went mad.
   気違いになった、怒り狂った

 (B-2) go +〜ing形動詞フレーズ VC感覚  (39)
   We will go cycling.
   私たちはサイクリングに行きます

 (B-3) go +〜ed形動詞フレーズ VC感覚  (4)
   His company went bankrupt.
   彼の会社は破産した

 (C) go to+原形動詞フレーズ /go and 動詞フレーズ V感覚  (51)
   go to buy some little cakes
   ケーキを少し買うために行く
   go and buy some little cakes
   ケーキを少し買うために行く

  ENGLISH-TREKKING教材Vol.2 Basic verbs 16」
    goの動詞フレーズINDEXより転載

    「ENGLISH-TREKKING教材」全部のサンプル

実は、この教材が私が本を書いたり、ブログの記事の種本となっているものです。

これは全体をまとめたもので、実際は階段を一歩、一歩、確かめて登っていくトレーニングが必要です。
その発想を身につけることによって、様々な動詞フレーズが展開されることになります。これが英語を自由に話すための学習法です。

このブログのカテゴリー欄をご覧ください。
英語にはbe動詞系列と、一般動詞系列の2つしかありません。
今回のものはbe動詞系列のものです。

ちなみにこの「オウム返し学習法」の過去記事をご覧ください。
すべて補語フレーズや動詞フレーズが最初の「ワンフレーズ表現」となっています。
これが今までなかった英会話学習法なのです。

いったんその「英語の枠組み」を身につけたら、どんなフレーズもその枠組みで展開できることになります。これが英語脳の構築です。
これが社会人になれば、動詞フレーズが社会人に必要なフレーズを覚えなければなりませんが、その土台は中学英語で作られるということです。

いつも指摘しているように黒色に表記されたファンクションフレーズと赤色などで表記された動詞・補語フレーズを別個にとらえ、それを覚えていく、これがファンクションメソッドなのです。

ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。
   
[受講生の皆さんへ]
今回から以上のような記事に対応した「英語脳構築プログラム」をオンライン通信講座受講者用ページからご覧になれます。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson go out for a walk「散歩に出かける」

表題「go out for a walk」

【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
table-1
【一般動詞フレーズ5段活用】  
=============================
(1) go(es) out for a walk  現在形動詞フレーズ 
(2) went out for a walk  過去形動詞フレーズ 
(3) go out for a walk  原形動詞フレーズ
(4) going out for a walk  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞になります
(5) gone out for a walk  ed形動詞フレーズ  
=============================
  She is going out for a walk tonight.
  今夜、散歩に出かけます

ちなみにこれは当方がお知らせしたIDとPasswordを一度入れておくと、クリックなどしなくてもこのブログの画面で「オンライン通信講座受講者用ページ」が見れます。

[お知らせ
「英語脳構築オウム返し英会話学習法」HTML版は、マウスを合わせるとフレーズが浮かび上がってきます。

サンプルで体験してください。音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、スピーカーのイラスト(ただし、何かの具合では現在このイラストは消えていますが表題の右端のもの)をクリックし、「マウスを当てると文字が浮かび上がる」のは、下の段右にある「NEXT」のイラストをクリックしてください。

教材全体のサンプルは左のイラストをクリックしてください。

【オウム返し No.26】
  「スミスさんて、どのような人なの?」「可愛いよ」

初学者のための英語脳構築英作教材 
 書いて覚える「コミニカ中学英語基礎編

ネイティブの人たちや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパやインド、中国の人たちと私たち日本人が根本的に異なるのは、彼らが「自分が表現したいことをどのようにして英語に変換するか」という学習を受けるからです。彼らはワンフレーズ、つまり片言でも言いたいことを表現しなさい、という教育を受けます。そしてそれをキチンとした表現へと導くのが教師の役目であり、そのために教えるのが文法(当たり前ですが、これは教育文法ではありません)です。
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 12:39 | TrackBack(0) | Two Word Verbsについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

日本語が消える瞬間


[お知らせ]

ご好評につき、このブログのオンライン講座に受講申し込みをしていただいた方に以下の電子本を無料進呈しています。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法

[今日の学習]

日本語が頭から消えるということ

日本の英語教育でまったく不足しているのは、Two Word Verbsのしくみを教えることです。ほとんどが連語だとか、イディオムだと呼ばれ、丸暗記の対象になっているのはまったく問題だといっていいでしょう。

イギリスの言語学者C.K.Ogdenが「たった16の動詞で日常会話のすべてができる」とした理由の一つにTwo Word Verbsの存在があります。

以下は、電子出版本「一週間で頭にしみ込むイディオム」からの引用です。

[休憩室-1]

●方位語に方位語が結びついて


S: ここまで学んできて、英語の発想がわかってきた感じがしてきました。でも次の文でどうして「ガミガミ言う」ということになるんですか。onにまたatが続いているんですね。

  She was always on at him about his work.
  彼女は仕事のことでいつも彼にガミガミ言った

T: 「ガミガミ言う」という日本語訳はさほど重要じゃないんだ。単にぼくがそんな訳が適当だと思ったに過ぎない。イメージさえ押さえていればいいんだ。

そこでonだが、これは「密着・継続」を表している。つまりShe was always on.で「彼女はいつも密着・継続していた」というわけだ。
そして誰に対してかというと、at himで「彼という一点に対して」ということになる。またatには、「ねらっている」「責めたてる」という意味もある。

S: なるほどね。「彼という一点に対していつも密着・継続していた」というわけね。

T: またさらに、about his workだ。aboutは「周囲」を表し「彼の仕事について」ということだから、ぼくは「ガミガミ言った」と訳したわけだ。

S: とにかく「くどくど不満げな状態だ」といった意味ですね。

T:その通りだ。次の例文は「ぬれ落ち葉」となった亭主に対する妻のセリフだ。これだと「うるさく鼻を鳴らす」と訳している。

  He was on at me again to take him with me.
  彼はまたうるさく一緒に連れていってくれと鼻をならした
------
onを「上に」、atを「で」などと安易な訳語を当てはめて覚える。こんな教え方では生徒たちは混乱するばかりです。

at one o'clock(1時に)、at noon(正午に), at the end of July(7月の終わりに)などはまさしくその時の「一点」に注目した表現であり、in the morning, in the afternoon, in April, in winterなどは「期間、範囲」ととらえ、on Sunday, on the afternoon of July 7(7月7日の午後に)などは「密着」したイメージです。

あるいはbe on a diet, go on a dietといったフレーズも、いずれも「規定食に密着継続する」ということ、あるいはbe away on businessも「仕事に密着・継続して、離脱状態になっている」ということです。
それを日本語訳では「ダイエットする」「出張中だ」となりますが、それをイメージでどれだけとらえることができるか、これが英語発想をみにつけるということです。

私が言いたいのは、日本語訳を覚えるのではなくどれだけ「イメージとしてとらえるか」ということです。
つまりその時「日本語が消える」瞬間となります。

以下も「一週間で頭にしみ込むイディオム」からの引用です。

[休憩室-18]

●Holistic Approachとは


S: Holistic Approachって何ですか。

T: 日本語に訳すのは少しむずかしいが、これは全体論的な取り組み方ということだよ。個別的、あるいは局所的な取り組み方ではないということだ。

S: それが英語学習とどう関係があるのですか。

T: 私たちもそうだが、ネイティブの子供は日常生活の中で個別の表現を身につけていくわけだ。その積み重ねによって一定のイメージを体得することになる。ことばの学習には決して欠かせない。ところが、日本の英語教育といえば、個別的なことを教えるだけで、後は「もっと努力しなさい」と学習者を放り出してしまう。

S: 私たちは放り出されたわけですね。

T: もっと具体的に説明しようか。まず前ページの日本語訳を見てください。そこには、「なんとかする」「手段を講じる」「手配する」「善処する」「心配する」「やめさせる」などの意味がつけられている。この場合、see aboutの意味を一般的に「なんとかする」「手段を講じる」などと覚えても、それだけのものなんだ。

S: でも、私たちはそう覚えましたし、参考書などにもそう書かれています。

T: ぼくは、そんな学習ではダメだと言ってるんだ。なるべく多くの用例を体験し、自分なりのイメージを作り上げるべきなんだ。私が主宰している研究会では、English Treckking教材というものを編集しているが、そこにはsee aboutのフレーズは13所収されている。またget alongでは25となっている。

S: なるほど、私たちが英語という第二言語を学ぶためには、ネイティブの子供の体験を短期間で身につける方法が必要なんですね。

   電子出版本「一週間で頭にしみ込むイディオム

  ENGLISH-TREKKING教材Vol.2 Basic verbs 16」
    goの動詞フレーズINDEXより転載

    「ENGLISH-TREKKING教材」全部のサンプル

実は、この教材が私が本を書いたり、ブログの記事の種本となっているものです。

これは全体をまとめたもので、実際は階段を一歩、一歩、確かめて登っていくトレーニングが必要です。
その発想を身につけることによって、様々な動詞フレーズが展開されることになります。これが英語を自由に話すための学習法です。

このブログのカテゴリー欄をご覧ください。
英語にはbe動詞系列と、一般動詞系列の2つしかありません。
今回のものはbe動詞系列のものです。

ちなみにこの「オウム返し学習法」の過去記事をご覧ください。
すべて補語フレーズや動詞フレーズが最初の「ワンフレーズ表現」となっています。
これが今までなかった英会話学習法なのです。

いったんその「英語の枠組み」を身につけたら、どんなフレーズもその枠組みで展開できることになります。これが英語脳の構築です。
これが社会人になれば、動詞フレーズが社会人に必要なフレーズを覚えなければなりませんが、その土台は中学英語で作られるということです。

いつも指摘しているように黒色に表記されたファンクションフレーズと赤色などで表記された動詞・補語フレーズを別個にとらえ、それを覚えていく、これがファンクションメソッドなのです。

ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。
   
[受講生の皆さんへ]
今回から以上のような記事に対応した「英語脳構築プログラム」をオンライン通信講座受講者用ページからご覧になれます。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson be on at him about one's work「仕事の事でガミガミ言う」

表題「be on at him about one's work」

【be動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
be動詞ファンクションフレーズ
【be動詞フレーズ5段活用】  
=============================
(1) (am, are, is) on at him about one's work  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) on at him about one's work  過去形動詞フレーズ 
(3) be on at him about one's work  原形動詞フレーズ
(4) being on at him about one's work  ing形動詞フレーズ
※進行形にはならず、動名詞になります
(5) been on at him about one's work  ed形動詞フレーズ  
=============================

ちなみにこれは当方がお知らせしたIDとPasswordを一度入れておくと、クリックなどしなくてもこのブログの画面で「オンライン通信講座受講者用ページ」が見れます。

[お知らせ
「英語脳構築オウム返し英会話学習法」HTML版は、マウスを合わせるとフレーズが浮かび上がってきます。

サンプルで体験してください。音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、スピーカーのイラスト(ただし、何かの具合では現在このイラストは消えていますが表題の右端のもの)をクリックし、「マウスを当てると文字が浮かび上がる」のは、下の段右にある「NEXT」のイラストをクリックしてください。

教材全体のサンプルは左のイラストをクリックしてください。

【オウム返し No.26】
  「スミスさんて、どのような人なの?」「可愛いよ」

初学者のための英語脳構築英作教材 
 書いて覚える「コミニカ中学英語基礎編

ネイティブの人たちや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパやインド、中国の人たちと私たち日本人が根本的に異なるのは、彼らが「自分が表現したいことをどのようにして英語に変換するか」という学習を受けるからです。彼らはワンフレーズ、つまり片言でも言いたいことを表現しなさい、という教育を受けます。そしてそれをキチンとした表現へと導くのが教師の役目であり、そのために教えるのが文法(当たり前ですが、これは教育文法ではありません)です。
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 10:14 | TrackBack(0) | Two Word Verbsについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする